人気駅弁「みそ玉丼」と酒造り名人、どういう関係? Ⅰ

    10月ももう終わり。熱くなったり寒くなったり、イヤんなります。昔は10月のことを神無月といいました。もちろん旧暦ですが、新暦の10月もそう呼んでます。ちなみに、新暦では4年に1回閏年というのがあって、暦の調整をしますが、旧暦だと、1ト月が30日ですから、ひんぱんに閏月というのがあったようです。よく時代劇で、閏何月とかいうのがあるとおもうんですけど、それです。日本中が神無月なのに、一か所だけ神有月な...

    続きを読む

    明治38年の駅弁人気No1は、鯛飯

    『食道楽』という月刊誌がありました。日本初の食の雑誌といわれています。明治38年(日本初の駅弁、おにぎり弁当から20年後)、この雑誌が駅弁の特集を載せました。人気の駅弁が路線ごとに示されています。奥州線では栃木県小山市の「鰻丼(うなぎどんぶり)」、関西鉄道は亀山の「西洋弁当」、一番人気は静岡の「鯛飯」でした。「鯛飯」は甘辛く煮たアマダイのそぼろをあったかいご飯の上に乗せたもので、今もその味を守って...

    続きを読む

    本物のアジ、お届けします/修善寺駅「あじ寿司」駅弁

    お寿司系の駅弁は何種類位あるのか、残念ながらよく知りません。でも、本格派のお寿司の駅弁はそんなにないはずです。伊豆、修善寺駅の「あじ寿司」は、新鮮な鯵を酢飯に乗せた、そんな本格的なお寿司駅弁の一つです。沼津港で水揚げされた近海の新鮮な鯵を、目利きの仲買人が買い付け、届けられるとすぐ塩を振り、軽く酢でしめます。この酢がおいしさの秘訣。酢を鍋で煮るとマイルドになり、コクと風味が出るんだそうですが、その...

    続きを読む

    「あまロス」と「うに丼」と

    NHKの「あまちゃん」が終わって、いま、日本中にペットロスならぬ「あまロスシンドローム」が蔓延しているそうです。わからなくもないんですが、あまちゃんからいっぱい元気をもらっていたんだから、無気力にならずに、明るく生きましょう。「あまちゃん」の中の重要なファクターの一つに「うに丼」がります。あれだけ人気が出たんだから、当然「うに丼」も三陸鉄道の久慈駅で売っているようです。TVと同じように真っ白いご飯...

    続きを読む

    駅弁と西南戦争に意外な繋がりが!?

    日本初の駅弁は、明治18年の宇都宮駅の「おにぎり弁当」でした。その後、地域ごとに駅弁は発展し、明治30年ごろにはすでに一般化してたそうです。なんと、その発展に、西南戦争がかかわっていました。近代化を急ぐ明治政府は、国有鉄道の建設をすすめていましたが、西南戦争が起こり、財政が悪化、国有鉄道を断念せざるを得ませんでした。代わって各地の鉄道会社が拡張し、そのために地域ごとに駅弁ができ、広まっていったのだ...

    続きを読む

    プロフィール

    アル中ル

    Author:アル中ル
    金がない、財産がない、才能がない、若さがない、かっこよくない、根気がない… 
    酒を飲むしかないアラシニ(アラウンドシニア)。
    グルメと歴史に興味あり。
    バスト・ウエスト・ヒップ・体重オール100。
    メタボだとけしからんこと言うやつがいますが、決してメタボではありません。

    最新コメント

    ページの先頭へ戻る