毎日食べているお米、こんなに多くの種類と味がありました

    お米マイスターという人います。
    ワイドショーで、お米についていろいろレクチャーしてくれました。
    当たり前なのですが、名前が違えば種類も違って、味も違います。

    その前にお米マイスターですが、いわゆるお米ソムリエのことで、5つ星にもなると、お米の粒を見て品種を見分けるという、芸当みたいな試験に合格しなければならないそうです。

    お米は全国に500種近くあって、同じ品種でも、当然産地によって味が違うわけで、
    お米には、高い、安い、古い、新米の違いくらいしかないのかと思ってたので、お恥ずかしい限りです。

    お米ソムリエさんのおすすめは、

    〇北海道 ゆめぴりか
    〇京都 ミルキークイーン
    〇山形 庄内 つや姫
    〇島根 仁多米(こしひかり)
    〇熊本 ひのひかり

    の5つでした。

    お米を甘みと粘りで分類すると、
    甘み粘りともに強いのが、京都のミルキークイーン。ほかに東北のコシヒカリやはえぬきだそうです。
    甘みは強いが粘りが少ないのが、島根のコシヒカリ、秋田小町など。
    粘りがあって甘みが少ないのが、ゆめぴりかやななつほし。
    甘み粘りともに少ないのが熊本ひのひかり、ひとめぼれ、ササニシキ、ということになるんだそうです。

    とはいえ、値段が高くては家計に響くので、
    美味しくてお財布に優しお米があれば、それに無農薬までこだわらないけど、作った人がわかっていれば安心、という人のためにお薦めなのは、
    『コウノトリ舞い降りるコシヒカリ 六方銀米』です。
    安くておいしいお米なので、違いがわかるお米として、購入者の多くがリピーターとなる自慢のお米です。
    k.jpg
    ginmai3.jpg
    お求めは、うまいもの大好きな人のための通販ショップ、
    うまいもの通販市場」でどうぞ。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    アル中ル

    Author:アル中ル
    金がない、財産がない、才能がない、若さがない、かっこよくない、根気がない… 
    酒を飲むしかないアラシニ(アラウンドシニア)。
    グルメと歴史に興味あり。
    バスト・ウエスト・ヒップ・体重オール100。
    メタボだとけしからんこと言うやつがいますが、決してメタボではありません。

    最新コメント

    ページの先頭へ戻る