徳島ラーメン/白系、こげ茶系、黄色系―スープの話です

    甘ボヤ~ンという、理解困難な表現であらわされたこげ茶色のスープのほかに、
    徳島のご当地ラーメンには豚骨ベースの白い色と、鶏がらベースに豚骨を合わせた黄色いスープがあります。

    徳島ラーメンのルーツは、60年前、屋台から始まった岡本中華の初代、岡本精一さんが作った白系スープといわれています。

    戦後の食材に乏しい時代、仕入れに困り、近くにあったハム工場に行くと、大量の豚骨が。
    それでラーメンを作ったところ、大評判を呼び、徳島のご当地ラーメンの歴史が始まったいうことだそうです。

    岡本中華の特徴は、豚骨と鶏がらを合わせた、やさしくてマイルドな味、それでいて豚骨の味がしっかりと出ているスープに、中太ストレート麵。
    じっくり煮込まれた油の旨味たっぷりのバラ肉と、歯ごたえのあるもも肉がアクセントとして添えられているそうです。

    昭和40年代に、豚骨に濃い口醤油を合わせたこげ茶系スープが登場。
    さらに豚骨と、鶏がらの旨味をしっかり出した黄色系スープが現れ、今の徳島のご当地ラーメンの人気を作り出しました。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    アル中ル

    Author:アル中ル
    金がない、財産がない、才能がない、若さがない、かっこよくない、根気がない… 
    酒を飲むしかないアラシニ(アラウンドシニア)。
    グルメと歴史に興味あり。
    バスト・ウエスト・ヒップ・体重オール100。
    メタボだとけしからんこと言うやつがいますが、決してメタボではありません。

    最新コメント

    ページの先頭へ戻る