南京蕎麦<支那蕎麦<中華蕎麦<ラーメン

    中華丼が日本うまれだったことを最近知ったのですが、
    ラーメンが日本の東京生まれだということは、昔から知ってました。

    中国の麺料理を、明治以降、日本風にして出したんだそうですが、
    始めは南京蕎麦といったそうです。
    それが明治後期から支那蕎麦、戦後になると中華蕎麦、ラーメンと呼ばれるようになりました。

    とにかく日本人の大好きなラーメン、それが今や世界のramenに!

    よくわかんないけど、「ラーメン道」なるものまであるみたいで…

    もう一つよくわかんないのが、蕎麦粉じゃくて小麦粉を使っているのに、どうして蕎麦なのか…


    支那蕎麦を安価にして最初に出したのが、浅草の「来々軒」、明治43年のことでした。

    大正11年に札幌ラーメンの元祖竹屋食堂オープン。

    昭和21年(多分)、札幌でラーメンの屋台が出現し、

    昭和33年になると、最初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が販売され、
    昭和46年には画期的な「カップヌードル」が誕生。

    クールジャパン、「ラーメン文化」が花開く土壌がここに出来上がりました。
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    アル中ル

    Author:アル中ル
    金がない、財産がない、才能がない、若さがない、かっこよくない、根気がない… 
    酒を飲むしかないアラシニ(アラウンドシニア)。
    グルメと歴史に興味あり。
    バスト・ウエスト・ヒップ・体重オール100。
    メタボだとけしからんこと言うやつがいますが、決してメタボではありません。

    最新コメント

    ページの先頭へ戻る